グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 当金庫について  > 各種方針・指針等  > 「女性活躍推進法」に基づく行動計画

当金庫について

「女性活躍推進法」に基づく行動計画

「女性活躍推進法」に基づく一般事業主の行動計画を策定しました。
しずおか信用金庫行動計画

女性職員の長期的なキャリア形成を可能とし、生き生き活躍できる職場環境の実現に向け次のように行動計画を策定し、積極的に取組みます。

計画期間

  ●平成28年4月1日から平成33年3月31日まで

当金庫の課題

女性職員の育成や能力開発・キャリア形成が不十分な点

  ●女性の採用割合は一定水準に達しており、平均勤続年数も業界平均値並みではあるが、
   女性の管理職割合が低い。
  ●管理・監督職を目指そうと考える女性が少ない。

目標

女性役席の人数を5年で50名以上にする。

取組内容と実施時期

取組1:女性職員のキャリア意識向上を目的とした研修・セミナーの実施
              及びキャリア形成に対する支援の強化

平成28年4月から  ●女性職員に求めるキャリアアッププランの検討
           ●研修・セミナープログラムの検討
           ●仕事と育児の両立支援体制強化に向けた取組みの検討
平成28年7月から  ●女性活躍推進ワーキンググループ「きらり女子」を中心とした定期的な交流会の実施
平成28年10月から ●研修・セミナーの実施(計画的に各年度で実施)
            ※管理職層に対するマネジメント・部下育成に関する研修も実施
取組2: 採用者に占める女性割合の維持(20%以上~40%程度)
     ※将来的な女性役席候補者の増大に向けた採用の強化

平成28年4月から  ●採用基準や運用の見直し
平成29年2月から  ●女性の採用拡大に向けた庫内ガイダンス等の実施
           (社内の雰囲気や働くイメージをもってもらう)