グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 事業者のお客さま  > お取引先様のご紹介  > 株式会社 水鳥工業 ~下駄を通して 日本の新しい生活文化を提案します~

事業者のお客さま

株式会社 水鳥工業
~下駄を通して 日本の新しい生活文化を提案します~

海外バイヤー及びユーザーに当社商品価値を正しく伝えるための英語版ホームページとリーフレットの作成 (平成26年 中小企業海外市場開拓支援事業 採択)


会社概要

 当社は、昭和12年創業の履物メーカーです。下駄木地の製造や、シューズ、サンダル材料の加工などを主な業務としてきましたが、安価な海外商品の流入などにより、業界全体において低迷が続いておりました。
 そのような状況の中、当社としても業態の改善を図るため、平成元年頃より新たな下駄木地の導入を始めました。それを機に、デザイン性が高く、且つ、履き心地の良い下駄商品を開発し、平成7年頃より販売に着手、以来好評を博してきました。近年では、森の再生に貢献すべく、地元静岡産の木材を使用した下駄作りにも取組んでおります。

「みずとりブランド」の特長

デザイン性の高い
オリジナル性に富んだ商品の数々

 当社は、日本古来の下駄文化の良さ伝えながら、現代の生活様式にマッチし、また履きやすくお
しゃれな下駄商品を開発しようと試み、その第一弾として平成7年頃「げた物語」シリーズを発売しました。その後、「SENSE」、「ひのきのはきもの」、「茶人(サジン)」、「SHIKIBU」、「m2」、「BLADE」、「DRILL DESIGN」と、8つの自社ブランドを立ち上げ、オリジナル性に富んだ商品開発に取組んでおります。また、開発においては、「Tシャツやジーンズなどにも合う下駄商品」をコンセプトに、現代の生活シーンの中心となっているカジュアルファッションとの相性を重視しております。近年では、「より洗練されたデザイン」の追求に力を入れており、様々なアーティストやデザイナーとコラボレートするなど、絶えずレベルアップに励み、差別化と競争力の強化に努めております。
 対外的には、「グッドデザインしずおか大賞(県知事賞)」、「サライ大賞」、「東京インターナショナルギフトショー新商品コンテスト大賞」等の表彰を受け、また「しずおか葵プレミアム」に選定されるなど、高い評価を頂いております。

市場の多様化による、新たなマーケットへの挑戦

伝統的な「下駄」に
ヒールをプラスした
新しいカタチ「SHIKIBU」

 当社の商品は、通常の履物の販売ルートとは異なり、その特長を活かすため、主に大都市圏の百貨店や和雑貨のセレクトショップ、こだわり品を扱う卸売業者や通販業者などを通じて、販売活動を
行っております。ここ近年、これら販売先を利用する外国人観光客が増加しており、当社の商品に触れ、買い求めることが多いと聞いております。また当社は、東京インターナショナルギフトショーへ定期的に出展しており、海外のバイヤーに対しPRを行っております。こうした外国人観光客の増加と当社のPR努力により、海外のバイヤー及びユーザーからの問い合わせが日々増えてきております。
 しかし、これらの海外のバイヤー及びユーザーに対して、当社の商品価値を十分にアピールし、説明できる手段や媒体を持っておらず、結果として海外に対し積極的に販売促進することができていませんでした。
 そこで現状の問題点を打開すべく、当社商品の価値を正しく伝え、記憶に残りやすい英語版のホームページ及びリーフレットを作成することを社内で決定しました。その作成に対し費用の一部を助成する、公益社団法人静岡県国際経済振興会*1の中小企業海外市場開拓支援事業*2を知る機会に恵まれ、申込むことにしました。申請の際、しずおか信用金庫の担当者の方にご協力いただき、当社の海外向け販売に対するビジョンや考えを形にすることができました。その結果、今年7月に支援対象事業として採択され、ホームページ及びリーフレット完成後、助成していただくことが決定しております。
*1…静岡県内企業の国際化に資する活動を行っている、県の外郭団体。通称SIBAという。
*2…SIBAによる、県内中小企業の輸出を促進する支援事業。採択されると、海外展示会への出展や外国語の パンフレット、ホームページの作成等にかかる経費の一部について、助成金が交付される。


今後の展開

2枚の静岡産ヒノキを伸縮素材で
つなぎ、優れた履き心地を実現
「DRILL DESIGN」の「two piece」

~世界に向けて、日本の下駄文化の良さを発信していきます~

 現在、英語版ホームページ及びリーフレットの作成に向けて、打ち合わせ等準備を進めております。完成した暁には、例年出展している東京インターナショナルギフトショーをはじめとした展示会や商談会において、これらを積極的に活用していく予定です。具体的には、まず海外バイヤー及びユー
ザーに対し、英語版リーフレットを用いた商品の説明を行います。それに併せて、当社のコンセプトとこだわり(職人魂、技、手仕事、心地良さ、環境への配慮)をより深く理解してもらうべく、英語版ホームページを案内し、ご覧いただくよう働きかけます。
 このような活動を通じ、「デザイン性が高くオリジナル性に富んだ日本の履物メーカー」といったイメージを定着させ、世界に向けて当社の商品と日本の下駄文化の良さを発信していきます。

当金庫のサポートを受けた感想 《常務取締役 談》

 国、県、各公的支援団体等が募集する助成金の申込手続は複雑で、従来の業務を抱えている中、申請書の作成等に時間や労力をかけることは非常に難しいと感じておりました。
 今回、しずおか信用金庫の担当者に協力してもらったおかげで、申請書をスムーズに作成でき、また、海外向け販売に対するビジョンや方針を社内で再認識することができました。

掲載内容については、以下のPDFでもご覧いただけます。


Company Data

会社名        株式会社 水鳥工業   
代表者        水鳥 正志
所在地        〒420-0876 静岡市葵区平和1-18-22
創業          昭和12年(1937年)
主な事業内容     サンダル、シューズ及び下駄材料部品の 製造、加工、
           販売  下駄製造販売 
お問合せ先      TEL:054-271-6787  FAX:054-272-1302
当社のホームページはこちら