グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 事業者のお客さま  > お取引先様のご紹介  > しろくまジャム 武馬 千恵 ~素材を活かした 「食べるジャム」が人気~

事業者のお客さま

しろくまジャム 武馬 千恵
~素材を活かした
「食べるジャム」が人気~

人とひと、もの、ばしょを繋ぐ、静岡県中山間地の情報を発信するお店をオープン(平成27年6月開業)


会社概要 ~地産地消にこだわり食品を提供~

親しみとぬくもりを感じさせる店舗

 「しろくまジャム」は、平成27年6月にオープンしたばかりの新しいお店です。静岡県産の旬な果物や食材を使ったジャムを作り、販売しています。また、県内中山間地で調理された加工食品も併せて提供。更に、地元食材にこだわったランチやスイーツ、味わい深いコーヒーを店内でお楽しみいただくことができます。
 「地産地消」をキーワードに、静岡の魅力が詰まった食品を日々提供しております。

人生の転機 ~海外旅行、そして青年海外協力隊への参加~

友人や知人の協力で完成した白壁が
明るく開放的な雰囲気を演出

 幼少の頃から母親の料理を手伝う機会が多く、自然と将来は食に関連した仕事に就きたいと思うようになりました。調理学校に進み、就職先として飲食業界を選択。当初はレストランの料理人として厨房の業務に従事していましたが、現場の仕事は想像以上に厳しく、体調を崩し退職。その後、カフェに再就職し、接客から店舗の運営管理までを担当、充実した日々を送っていました。
 カフェで働いていた時に長期休暇を頂き、1人でインドを訪れました。これが初めての海外旅行であり、人生の大きな転機となりました。今まで触れたことがない異国の住民や文化、食材に魅せられ、その後ヨーロッパとモロッコにも訪問。もっと長く海外で生活してみたい、自分の好きな料理を介して現地の人達とコミュニケーションを図りたい、そういった思いが日増しに強くなっていきました。そこで、思い切って国際協力機構(通称:JICA)*1青年海外協力隊に応募。村落開発普及員として、カリブ海に浮かぶセントビンセント及びグレナディーン諸島への派遣が決まり、長期滞在する機会を得ました。
 派遣の前に村落開発について学ぶため、群馬県で開催された研修に参加。農家の家庭を巡回する中、ある農業従事者から日本の農業の実態と過疎化について伺いました。そこで聞いた「日本の農業はもう限界だ…」という言葉が心に引っかかりました。
 セントビンセント及びグレナディーン諸島には2年間滞在。物やお金は決して充分ではないが、人とひとの繋がりが非常に強く、心が豊かな人達が多い国と感じました。現地では、主婦に料理を教える活動に従事。まずは地元の味を覚えるために、ホームステイ先のホストマザーから料理を教わりました。そこで教わった様々なおふくろの味の中で一番印象深かったのは「ジャム」でした。季節の果実を使ったジャムから、たくさんの元気をもらいました。
 帰国後、青年海外協力隊の経験を活かし国際協力で地域を盛り上げたいと考え、JICA静岡県国際協力推進員としてJICA事業の普及促進に携わってきました。しかし、派遣前にお会いした農業従事者の言葉が頭から離れず、セントビンセント及びグレナディーン諸島の住民同士の繋がりのように、過疎化の進む地域の農家と街に住む人達が交流を深められる活動ができないかと思案。派遣先のホストマザーから教わったジャムが頭に浮かび、静岡県産の果物を使ったジャムを通じて農業に関心を持ってもらおうと考え、ジャムを製造・販売したり、様々な食べ方を提案するカフェを開業する決意を固めました。
*1…日本の政府開発援助(ODA)を一元的に行う実施機関として、開発途上国への国際協力を実施する機関。青年海外協力隊の派遣もJICA国際協力事業の1つ。

開業までの道のり ~たくさんの人達に感謝~

静岡県の季節の果物を使った
「食べるジャム」

 JICA静岡県国際協力推進員として勤務した3年間、地域イベントの開催やJICA事業の案内、青年海外協力隊員募集などに従事してきましたが、この仕事を通じ多くの人と出会い、たくさんの人と知り合うことができました。開業する際、改めてこの人とひととの繋がりの大切さを実感。お店の内装工事の際には約20名の友人・知人が壁の塗装を手伝ってくれました。こうしてできた手塗りの白壁は、しろくまジャムの象徴となっています。
 JICAの推進員として活動していた頃、しずおか信用金庫の方と知り合い、開業場所の選定や商圏の調査、業者の紹介など様々な面でお手伝いいただきました。事業計画の作成についてもアドバイスいただき、今までの経歴、開業を決めた経緯や理由、目標とする将来の姿を客観的に見つめる機会となり、具体的な収支計画を立てた際には、開業に対する意識が高まりました。平成26年には、しずおか信用金庫主催の「しずしん創業スクール」に参加。研修を経て、事業計画をより細かく明確な内容にブラッシュアップすることができました。この事業計画を作成した経験が功を奏し、第13回SOHOしずおか*2ビジネスプランコンテスト*3で奨励賞を受賞、平成27年度地域密着ビジネス新事業助成事業*4に採択されるなど、ビジネスモデルに対し高い評価を頂くことに繋がりました。
*2…静岡市が主に運営にあたる、公的創業・産業支援組織。施設内にはレンタルオフィスが設置されている。
*3…静岡の産業の活性化、起業家精神の高揚と次世代の産業を担う人材発掘を目的とした、新規事業コンテスト。
*4…静岡県内の中小企業者が行う地域産業の振興を図るため、新製品等の販路開拓を行う事業者に対し、その経費の一部を助成する制度。公益財団法人静岡県産業振興財団が所管。

今後の展開 ~静岡県中山間地の情報発信スペースとして静岡の魅力をアピールします~

お店は静岡鉄道新静岡駅より
徒歩1分という好立地

 開業後2カ月程経過しましたが、その間たくさんの人達にご来店いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。また、仕入先である静岡県内の農家の皆さんにも温かく見守っていただき、多くの人に支えられていると強く感じています。もっと静岡の農業について多くの人に知ってもらうために、地元食材を使った食品の提供以外に中山間地に関する様々なイベントを企画、実施する予定です。
 これからも街の人達と農家、地元の食材、中山間地、即ち、人とひと、もの、ばしょを繋げる情報発信スペースとして、静岡の魅力を積極的にアピールしていきます。

~「しろくまジャム」の由来~
 「しろくまジャム」の店名は、絵本作家「わかやま けん」氏による「しろくまちゃんのほっとけーき」から来ています。この絵本は、自分にとって初めてのレシピブックです。ホットケーキのように思わずほっこりする料理を作っていこう、初心をいつまでも忘れずにいよう、こういった思いが店名に込められています。

掲載内容については、以下のPDFでもご覧いただけます。


Company Data

店舗名    しろくまジャム
代表者    武馬 千恵
所在地    〒425-0839 静岡市葵区鷹匠1-2-5-1F
創 業    平成27年(2015年)6月
お問合せ先  TEL&FAX:054-266-7626
当店のホームページはこちら