グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ふるさとトピックス

Step By Step vol.13

まだまだ駆け出しの新人

『先輩方の仕事をよく見て、聞いて、実践する』


 生まれも育ちも静岡市の堀池さんは、生粋の静岡っ子。地元の高校を卒業後、地元の専門学校で4年間学び、卒業後見事国家試験に合格。現在は理学療法士として奮闘の毎日です。働き始めて3年、最近では少しずつ仕事にも慣れ、自分の考えで行動できるようになってきました。とはいうものの、まだまだ失敗も悩みも尽きないようで…仕事とプライベート、そしてこれからの将来を活き活きと語ってくださった堀池さんの日常に迫ります。

【On Time】 まだまだ駆け出しの新人

理学療法士という現在のお仕事について教えてください。

 理学療法士は子どもからお年寄り、スポーツをしている方から寝たきりの方まで、幅広い方々に対してリハビリを通じて寝返り・起き上がり・立ち座り・歩く・走るといった基本動作の回復をサポートする仕事です。
 私は最初の配属が整形外科で、異動に伴い、現在は介護施設の通所リハビリにて、病気等で思うように身体が動かなくなってしまった方のサポートや健康な方が現状維持するためのお手伝いをしています。

資格取得までの道のりを教えて下さい。

 私は4年制の専門学校に通いました。4年生の時に神奈川県と和歌山県の施設で各2ヵ月間ずつ実地研修を受けました。初めての実地研修では、患者さんと理学療法士との信頼関係の大切さ、リハビリの効果を上げるためのカリキュラムの立て方などを学びました。
 資格取得のためには、最低3年間学校に通う事、また実地研修で合格をもらうことが必要です。この2つをクリアして初めて国家試験を受けることができます。筆記の勉強は必死にやりました。合格通知を手にした時は本当にうれしかったです。

仕事で大変なこと・悩みは何ですか?

 大勢の患者さんと接するため、一人ひとりの患者さんと向き合う時間はどうしても短くなります。重要なのは、その短時間の中でリハビリ状況を把握し、いかにその人のことを知ることができるか。患者さんとのコミュニケーションを大切に、施設を離れた後の私生活、個人の性格などを考慮しながら、効果的なプログラムを考えなければなりません。
 信頼関係を築くのは口で言うほど簡単なことではなく、今よりもスッと患者さんの心に入っていけるようになることが私の課題です。
 振り返ると1年目は業務を覚えることに必死でした。2年目、3年目になり、周りを見て自分がどう動くべきかが、少しずつわかってきたような気がします。まだまだ勉強して知識を身につけなければならないと日々感じています。

悩みはどのように解決していますか?

 仕事の悩みは職場の先輩に聞いてもらい、アドバイスをいただいています。相談に乗ってくれる人が身近にいる環境は恵まれていると思います。
 何か悩みが出てきたとき、一人で抱えきれず、どうしようもなくなった時は、一番身近にいる母に相談します。人生経験を踏まえたアドバイスのため説得力があります。
 改めて仕事でもプライベートでも素敵な家族や友人たちに囲まれて、みんなに支えられていることに感謝しています。

仕事のやりがいは何ですか?

 患者さんから「ありがとう」や「頑張ってリハビリしてきてよかった」などの言葉をもらえた時は心底うれしく、また次も頑張ろうという思いになります。
 また、患者さんの治療に際して、現場では理学療法士だけでなく、言語聴覚士や運動指導員、看護師など様々な分野の専門家と連携を図りながら進めます。一人の患者さんに対して各部門で状況を把握し合い、限られた時間の中でスムーズに治療に携われた時は、チームワークの良さが発揮されたという充実感があります。

理学療法士としてのこれからの目標を教えてください。

 仕事を始めて3年。“個々の問題”を抱えてリハビリに来る患者さんの身体の動かし方やリハビリ経過の状況を把握し、治療を組み立てられるようになってきました。しかしながら、脳や神経といった苦手分野に関する知識や技術が不足しています。この点を補うために、先輩方の仕事を見て学び、自分で調べ、研修会に積極的に参加して知識を深めていきたいです。そして様々な疾患の方に効果的なリハビリを提供していけるようになりたいです。

【Off Time】 身体を動かしてリフレッシュ

気分転換の方法を教えてください。

 夏はサーフィン、冬はスノーボード、1年を通してバスケットボールをして身体を動かしています。社会人になった今でもクラブチームで続けています。平日の仕事終わりの練習にも参加しています。身体を動かすことが好きなので、仕事で疲れたから練習には行かない、ということはないですね。仕事は仕事!趣味は趣味!で割り切って、身体を動かしてリフレッシュしています。

ホッとできるお気に入りの場所を教えてください。

 今回の取材で使わせていただいた「panchavati」です。自然農法で育てたお米と野菜で本当に体にいいものだけを使った食事がいただけます。食事はもちろん、何よりオーナーさんの人柄の良さで通っています。

My First Step ~私に人生の新たな一歩を与えてくれた人~

 今は亡き祖父です。
 祖父と小学生の頃、初めて海外旅行に行きました。幼いながら違う文化に触れた時の衝撃は大きかったことを覚えています。漠然と将来は海外で働きたい、住みたい、と思うようになりました。その想いは今も変わりません。学生の頃も社会人になってからも休暇を使って海外に行き、違う文化に触れて刺激をもらっています。理学療法士として海外で仕事を行うことは、非常に高いレベルを求められますが、国境を越えて何らかの形でリハビリに携われたらいいなと思っています。
 祖父は自分のやりたいことはやる、我が道を行く人でした。祖父のように自分の意思で行動していけるようになることが私の目標です。

プロフィール

堀池 有希 (ほりいけ ゆき)

静岡県静岡市生まれ。
理学療法士として日々患者さんのリハビリに向き合っている社会人3年目。
仕事にも少しずつ慣れてきたけれど、まだまだ勉強しなければならないことがたくさんあると語ってくれた堀池さん。
やるときはやる!遊ぶときは遊ぶ!仕事とプライベートをきっちり分け、毎日笑顔で患者さんと接する25歳。

今回の取材スポット

panchavati

本当に体によい物だけを使うこうとにこだわって
食事を作っています。珈琲・紅茶の種類も
豊富。テーブルなど、家具もオシャレなお店です。

静岡市葵区鷹匠3-1-13-201
TEL 054-273-5515
OPEN 11:30-17:00(17時以降は予約制 2名様より)
                  CLOSE 月曜・火曜