グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ふるさとトピックス

Step By Step vol.19

仕事での器は探求し続けるモノ

『お気に入りの器を見つけてみませんか?』


 清水区にある自宅で、プロの作家ものの器を展示・販売しBB-Izumiを経営している和泉さん。
自宅の一部を店舗として仕事を始めて5年が経ち、1年半前からはネットショップも始めた。お客様に一生使ってもらえる器を置きたい、BB-Izumiに行けばイイものがある!と思ってもらえるお店でありたいと語ってくれた。お気に入りのアイテムがあることで日々の生活をちょっぴり楽しいものにしてもらえたらと話す和泉さんに器の魅力を伺った。

【On Time】 器で食事も気持ちもほっこりと

現在のお仕事について教えてください

 自宅の一室を店舗として構え、全国の作家さんの器を展示・販売しています。器は各作家さんの展示会や工房に出向き、取引の交渉をすることが多いです。作家さんがいるところまで行って直接買い付けをすることも多いため、各地に出向いています。1年半前からネット販売も始め、ネットから注文を受けることも多くなりました。

どのようなきっかけでこのお仕事を始めたのですか?

 器は学生の頃から好きでした。洋服より器の雑誌を見る方が好きなくらいでした。ただし、最初からこのような仕事をしていたわけではありません。
 東京の大学に進み、そのまま商社で5年勤めました。その後、静岡に戻ってきて、広告代理店で2年程勤め、その後は子育てのため家庭に入りました。大きなきっかけは、家を建てる時でした。将来、器を扱うお店をやれたらいいな…という想いがあったので、1つの部屋を店舗として使えるような造りにしました。子育てもひと段落し、また仕事をしたいと考えた時に、やるのであれば好きなものを扱う仕事をしたいと思い、今の仕事を始めました。

どのような作家さんを選んでお店に置いていますか?

 基本的には私が好きな作家さんの作品を置いています。他には雑誌やインターネットで最新の器の情報を得て、気になる作家さんを検索し、電話連絡やそれぞれの展示会に足を運んで直接お会いしています。何より、『熱意』を持って、「あなたの作品が好き、取引したい」という気持ちを直接伝えることが1番大切だと感じました。電話だけでのやり取りよりも表情が見え、より気持ちが伝えやすいからです。
 お店を始めた当初は、人気の作家さんの作品を取り扱って、たくさんの数を置かなければと思ってやっていました。しかし今は、私が自信を持ってお客様に薦められるものを置くように変わってきました。

器の持つ魅力は何だと思いますか?

 作家さんの器は手作りです。一つひとつからぬくもりやオーラを感じ取ることができます。
お気に入りの器があると、食事を作る楽しみ、盛り付けをする楽しみが増えるような気がします。同時に人に見てもらいたくなったり、人を呼びたくなることもあるかもしれません。器ひとつで自分も周りの人も温かい気持ちにしてくれるアイテムだと思います。

お客様はどのような方が多いですか?

 40代以上の女性が多いです。1年半前からネット販売を始めたことで、若い女性のお客様も増えました。
贈り物として購入される方もいますし、それ以上に多くの方が自分で使うために購入されます。器が好きな方はネットで作家さんの名前を調べて、作品をチェックしています。その時にBB-IzumiのHPを見つけて訪問してくれるようになり、ネットを通じたお客様が増えました。

実際に来店されるお客様の様子はどうですか?

 ゆっくり見ていく方が多いです。いろいろなタイプの作品が置いてあるので、手に取って比べてもらっています。ただ、住宅街で普通の家でお店を構えているため、入ってみたいけど、入りづらいと感じる方も中にはいるようです。気軽にお店に入ってもらえるような工夫もしなければと感じています。 

今後BB-Izumiが目指す方向性を教えてください

 それぞれのお客様にとって、常に1番イイもの、満足していただける器を届けられるお店にしていきたいと思っています。そのためには、器の勉強や取引をしている作家さんとのコミュニケーションを大切にし、アンテナを高くして、新しい作家さんの発掘など、まだまだ研究していかなければならないことが多いと思っています。
 それぞれの予算の中で用途に合ったものを見つけてもらい、買った甲斐があったと思ってもらえるような器を提供し、飽きずに使える器、BB-Izumiに行けば素敵なものがあると、みんなに満足してもらえるお店にしていくことが私の目標です。

【Off Time】 好きなことをする時間を大切に

気分転換の方法を教えてください

 映画を観たり、お友達とランチに行ったり、子どもや孫と遊んだり、本を読んでリフレッシュしています。今でも器の本や雑誌があればすぐに手に取って読んでいます。

人生で大切にしていることは何ですか?

 『信用・誠実さ・楽しさ』を大切にしています。
 仕事は期待に応えないといけないものだと考えています。その中でお客様や作家さんから『信用』してもらえる存在であると同時に、その中に『誠実さ』を忘れないようにしています。そして『楽しかった』と思えるご褒美がついてきたら、申し分ありません。

My First Step ~私に人生の新たな一歩を与えてくれた人~

 夫です。
 お店も自由にやらせてくれています。お店に必要な物があれば一緒に買いに行ってくれたり、お店の照明やHPの立ち上げもやってくれました。『人のために何かできることは幸せなこと』と話す夫は、私にとっていい見本であり、心強い存在です。

プロフィール

和泉 恵子 (いずみ けいこ)

静岡市清水区出身。
学生の頃から洋服の雑誌を見るより、器の雑誌を見る方が好きだった。
素敵な器をご紹介できる様に努めています。

今回の取材スポット

BB-Izumi

BB-IzumiのBBはBlue Bird の略。
器を通じて幸せを運べたら…という想いを込めている。

静岡市清水区追分1丁目4-26
TEL:054-367-0078
定休日:木・金・土・祝日