グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ふるさとトピックス


Step By Step vol.28

夢はいくつになっても叶えられる

『可能性を広げる』


 短期・長期の語学留学やワーキングホリデーなどの留学カウンセラーとして、『Global jam(グローバル ジャム)』の代表を務める鈴木さん。自身も留学のため高校2年間をカナダで過ごし、その後日本の大学・大学院で国際政治や国際関係学を学んだ。卒業後は、JICA等の国際協力組織で通訳や翻訳の仕事をし、現在は留学を決意したお客様一人ひとりのニーズに合わせた、学校紹介、カリキュラム提案等を行っている。 

【On Time】視野を広げ、未来を広げるのは自分自身

現在のお仕事について教えてください

 現在は留学に関するお手伝いをしています。「中高大学生の留学」、「スポーツに特化したスポーツ留学」、「セカンドライフを海外で過ごしたいと考えるシニアの方のロングステイや留学」など、様々なご相談に対して支援を行っています。留学は一生のうちに何度もできるものでもありません。時間もお金も掛かります。留学に興味を持っている人、留学する決心をした人、それぞれの方の想い(夢)を叶えられるように一人ひとりとじっくり話し合って、要望に沿ったプログラムを提案しています。
 渡航先としては主に、カナダやマルタ共和国を紹介しています。治安が良く、ほどよく都会で、ほどよく田舎という環境が静岡の人にとっては馴染みやすい場所のようで、気に入ってもらっています。
私自身が実際に提携校に出向いて、現地のスタッフと情報交換をしたり、周辺の環境を見て回るなど、定期的に視察を行っています。

鈴木さん自身は留学等の経験はありましたか

 私は小学生の時に英会話を習い始めました。外国人の先生とゲームをしながら楽しんで英語に触れるスタイルで学びました。中学生になり、洋画を観たり、海外の音楽が好きになり、ますます英語や外国に興味を持つようになりました。そして、憧れが現実となり、高校2年間はカナダに渡り勉強をしました。私自身がカナダにいたこともあり、その時の縁もあって、現在カナダに多くの提携校を持っています。

若いうちに留学をするメリットは何でしょうか

 リスニング力をつける点で言えば、若いうちの方が良いと思います。中学・高校生はベストな時期かもしれません。それ以外にも、海外の学校は日本に比べ、早い時期から専門的な学習がより深く、実践的に学べる環境にあると言えます。
 例えば、将来美容関係の仕事に就きたいと思っている生徒であれば、実際に高校の授業のカリキュラムの中に、「髪を切る」という実践的な授業が盛り込まれています。日本では高校を卒業した後に、専門学校等に進学してから学ぶことを、高校生のうちに触れることができます。
 スポーツに特化した留学は、語学の授業はもちろん、そのスポーツをみっちり学べます。バレエ団付属バレエ学校の通年コースとサマーコースに、バレエが好きな生徒さんの留学支援も行っています。同じ目標を持つ仲間と学ぶことで、刺激し合え、良い意味でも、悪い意味でも自分の実力が見えてきます。「選手を目指して頑張ってきたけれども、選手をサポートする側の役割にまわる道もある」と、いうように、早い段階で他の道を考えることもできます。無駄な時間を過ごすことなく、若いうちから自分の将来に向き合う環境下で過ごせる点では、日本よりも学生の意識は高く、刺激があると思います。

どのような想いで“Global Jam”を立ち上げましたか

 今年の8月で“Global Jam”を立ち上げて3年が経ちます。私自身が静岡生まれの静岡育ちで地元が大好きです。静岡には世界に誇れる食べ物や場所などがたくさんあります。しかし、来日する外国人が持っている日本の案内ガイドブックには、静岡の紹介ページはわずかしかありません。東京から新幹線に乗っても、静岡で下車する外国人を見かけることが少なく、残念に思っていました。静岡の魅力をもっと海外に伝えたい、静岡の人に伝えて欲しいという想いが強くありました。
 また、静岡の人は、留学(海外)に興味はあるけれど、どう行動したらよいかわからないという人が多いような気がしていました。同時にインターネットやSNSの普及により、海外に行かなくても簡単に海外の情報を得ることができる便利な時代になり、それで満足する人も出てきたようにも感じました。しかし、実際に自分の足で現地に赴き、“外から見る日本”、“外から見る世界”を感じる機会を提案したいという思いで“Global Jam”を立ち上げました。

どのように“Global Jam”を展開してきましたか

 静岡に住む外国人や日本に留学に来ている外国人を講師に招き、自国の魅力を伝える“Global cafe”という交流会を開いています。毎回、講師の出身国にちなんだお茶を出しながら、その国の話や留学について話をし、交流を深めるものです。他にも個別相談や月に1度、留学セミナー&相談会を開いています。
 私自身が静岡出身ということもあり、静岡の学校のこと、親や子どもについての情報を把握しやすいという点、自分の留学経験、国連ボランティア等で働いていた経験も交えながら、留学先の相談で終わらず、帰国後の大学進学や就職相談まで将来的なカウンセリングも含めてお話できる点は、“Global Jam”の強みかもしれません。
 私がご案内している先が大都市過ぎない、静岡の人に合ったサイズの街(学校)を紹介できる点においても、皆さんに安心感を与えているようで、ありがたいことに口コミで足を運んでもらうこともしばしばあります。

“Global Jam”を展開する上で苦労したこと、工夫したことはありますか

 苦労したことは、留学に興味がある、留学したいと思っていても、海外に行くこと=敷居が高いと思っている人が多いということです。その意識をどう払拭できるかが課題でした。その中で私が行ったことは、1人ひとりのお客様の話を聞く時間を設けるために月に1回の留学相談会を開くことでした。じっくりお客様の話(要望・目標)を聞き、自分の経験も踏まえ、できる限りのアドバイスをして不安を減らし、目標を高く持って海外に渡ってもらうためのお手伝いをしています。他にも、私が提携校に出向いた時の学校の様子や周辺環境を伝えるためにブログ等にアップして、情報提供をこまめに行うようにしています。
 現在、シニアの方で語学を勉強するために海外に渡る方もいます。商工会議所でセミナー等を行うと、足を運んでくれる方が多いです。目標を持ち、積極的に行動している姿を見ると、年齢は関係なく、海外に行って勉強したいと思った時がその人のベストのタイミングなのかもしれない、やるかやらないかの壁を作るのは自分次第なのかもしれません。

仕事を通して改めて考えたことは何かありますか

 私がこの仕事を通して、願っていることの1つに、静岡の良さ、魅力をもっと海外に伝えていきたいということがあります。海外に行く際にお土産として、日本ならではの物を持って行くことが多く、中でも静岡名産でもある“お茶”を持って行く人は多いです。持って行く際に“お茶”について英語で説明するために、お茶の入れ方や特徴など、下調べをします。すると、今まで意識していなかった「お茶を入れる最適な温度」や「香りの楽しみ方」などを知ることになり、お茶について改めて知る機会になります。私自身も昔から茶道を習っています。また、日本茶アドバイザーの資格を持っています。現在も日本の茶道を世界各国で紹介する機会があるのですが、外国人に日本茶は大人気で、目の前でお茶を点てて振舞うと毎回とても興味を持ってくれます。
 外国人は日本の伝統文化に興味があり、また本物志向です。茶葉から煎れるお茶もそうですし、静岡の伝統工芸品でもある駿河竹千筋細工も人気です。これらの物を伝え、紹介することが同時に静岡の伝統文化を守ることにもつながります。海外に渡る人たちには、改めて静岡の良さ、魅力を見つけてもらう機会であってほしいと考えます。

今後取組んでいきたいことはありますか

 留学やインバウンド対応を通して、静岡の良さ、魅力をもっと多くの外国人に伝えていくためのアピール方法を考えていくことが課題であり、これが同時に今後の人材育成にもつながっていくと思っています。
 静岡の特産物や魅力ある場所を外国人に紹介することで、自身がそれらに興味を持ち、英語で正しく伝えたいという気持ちが生まれ英語を勉強する。将来、マーケティングを学び、それらを海外に伝える(売り込む)方法を考え、相手が気に入り、喜んでくれることに対してやりがいを感じる。海外にその名を売り込むことは、地元企業を盛り上げることにも繋がります。地元企業の役に立てるように、私自身も通訳・翻訳の仕事をしていきたいと思います。

【Off Time】 趣味を続けること

気分転換の方法を教えてください

 1つ目は友人と美味しい物を食べることです。気心知れた仲間と美味しい物を囲んで過ごす時間は、ホッとできる時間です。
 2つ目は茶道です。昔から習い、今も海外で茶道を紹介しています。自宅でもお茶を点て、美味しい和菓子とともにいただきます。自分の心を落ち着かせ、集中できる時間になっています。

日頃から大切にしていることはありますか

 家族や友人、お客様との繋がりを大切にしています。仕事で日本と海外を行き来していると、いろいろな場所で出会いがあります。1つひとつの出会いが何かしらの意味を持っていると思っています。今後もすべての出会い、ご縁を大切にしていきたいです。

プロフィール

鈴木 貴子 (すずき たかこ)

静岡市出身

留学支援の会社“Global Jam”を立ち上げて3年になる。
自身の留学や国連ボランティアでの経験を生かして、お客様一人ひとりの相談に
じっくり、決め細やかに対応している。
また、静岡の魅力をもっと世界に届けたいという想いから、
自ら日本の伝統文化である茶道を通してお茶の魅力を伝え、静岡の特産品を海外にアピールするなど
企業支援なども手掛けている。
              
~お知らせ~
「留学フェアinしずおか2016」
カナダにある英語学校、公立中学・高校教育委員会や私立中学・高校スタッフが静岡市に集まり、留学相談会を開催します。

日時:11月4日(金) 14:00~19:00
会場:静岡市清水産業情報プラザ7F(静岡市清水区相生町6-17)
参加費:無料
対象者:どなたでも
お申込み・お問い合わせ: Global Jam(担当:鈴木)
E-mail : globaljam21@gmail.com
                    (取材日 H28.9.13)