グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ふるさとトピックス

Step By Step vol.34

身近なパン屋さんを目指して

『経験から学んだ夢』


 食べることが大好きで、本屋さんに立ち寄るとジャンルを問わず自然とレシピ本に手が伸びていたという小林さん。高校卒業後は様々な飲食店で働き、ホールスタッフとして接客と調理場の両方を経験してきた。どちらの仕事も楽しく、飲食業界に携わる以上、どちらの仕事もできなければならないと互いの担当の気持ちがわからないと語ってくれた。
 チャンスとタイミングが重なり、パン屋「ブーランジェリーホミ」をオープンして4年が経つ。ほぼ一人で切り盛りしているため、朝早くから仕込みを開始し、次の日の準備までしてお店を出るのは20時。ハードな毎日だが、“美味しい”と言って通ってくれるお客様に会えると、自分のお店を出してよかったと語ってくれた小林さんにお話を伺いました。

【On Time】経験から学んだ夢

現在のお仕事について教えてください

 現在はパン屋「ブーランジェリーホミ」のオーナーとして、静岡市駿河区中田にお店を構えて4年になります。安心、安全な材料を使用し、心を込めてすべて手作りで提供しています。1番人気の食パンをはじめ、惣菜パンや甘いパンまで常時20~25種類ほどを並べ、パン以外にも焼菓子や季節のスープなどを用意しています。基本的に仕込みから販売まで一人で切り盛りしています。最近は月に1回程度マルシェに参加するなど、より多くのお客様に「ブーランジェリーホミ」を知っていただく機会を作っています。

今の仕事は幼い頃からの夢でしたか

 幼い頃からの夢というわけではありませんでした。もともと食べることが大好きで、本屋に行けばジャンルを問わずレシピ本を買っていたので、「食」への興味は強かったかもしれません。
 高校卒業後は様々な飲食店で働いてきました。フロアでの接客、キッチンでの調理の両方を経験し、それぞれの仕事の大変さ、楽しさを学びました。長年、飲食業界に携わるうちにチャンスがあれば自分で飲食店を開けたらいいなと思うくらいの気持ちでした。

お店を立ち上げることになったきっかけは

 新規オープンのビュッフェ式レストランで働くことになり、ベーカリー部門に配属になりました。オープニングから携わっていたこともあり、新しい種類のパンの提案など、比較的意見を聞いてもらいやすい環境にありました。この時に自分が作ったパンをお客様から“美味しい”と言ってもらえたことがうれしく、パン作りの楽しさや奥深さを知りました。
 お店を立ち上げることを決めた前後に、私自身にいろいろなことが重なりました。直前までパン作りをしていたためパン屋を開こう!と勢いで始めたというのも正直なところですが、こだわりが詰まったお店をオープンすることができました。

独立を決めてからオープンまでの道のりは

 実家が商売をしていたわけでもなく、商売を一から始めるための知識はほとんどありませんでした。ネットで「パン屋を開くには…」と調べるくらいでした。そんな私がお店をオープンできたのは、多くの方の助けのおかげでした。様々な場所で一緒に仕事をしてきた人の中に、独立して飲食店を始めた人が何人かいたため、その方たちにたくさんアドバイスをいただきました。
 出店場所にはこだわりがあったため、条件に合う場所を見つけるまで不動産屋を巡りました。場所を決め、次にお店の設計をどこでお願いしようか迷っていた時に、知り合いを通して紹介してもらった会社で設計士として働いていた大原さん(step by step vol.33)にお願いすることになりました。ショーケースを置いてパンを販売したいというこだわりを伝え、素敵な内装を作ってもらいました。

独立を決めて苦労したことは

 オープン直前まで他で働いていたため、限られた時間と限られた資金繰りの中で準備を進めるのは大変でした。また、人を雇うかどうかの悩みもありました。ただ、「人を雇う」=人件費という中で、店をオープンしても軌道に乗るかわからないという不安の中、人を雇うわけにはいかないと思い、まずは自分で作って売るスタイルでやろうと決め、スタートしました。現在は、週末の忙しい時間帯にパートさんにお手伝いをお願いしています。

どのようなお店を目指して始めましたか

 住宅街にお店をオープンした理由の一つに、近所の方に気軽に寄ってもらえるお店にしたいという想いがありました。女性のお客様向けにパンは小ぶりにし、いろいろな種類を試してもらえるように作っています。昼食用に買って行く方が多いため、パンだけ買って家に帰っておかずを作るという工程を省けるよう、パンやサンドイッチ(メイン)+スープやデザートという組み合わせで、一食分がここで用意できるよう試みるようにしました。

お店の特徴は何ですか

 幅広い年代の方に召しあがっていただけるように、柔らかいパンから少し硬めのパンまで数多くの種類をそろえ、食べやすい物を作っています。すべて手作りという点にはこだわり、リーズナブルな値段で提供できるように努力しています。
 パンやサンドイッチ(メイン)+スープやデザートという組み合わせを楽しんでもらえる点も特徴の一つだと思っています。スープは旬の野菜を使ったポタージュなどを用意し、女性に喜んでいただいています。

自分のお店を持ってよかった!と思う時はどんな時ですか

 お客様からの“おいしかった”、“こんなパンが食べたい”といった声がダイレクトに聞けることです。お客様からの声は励みになり、がんばろうと気持ちが引き締まります。
 新しいものを作る、商品を改良するなど、思い立った時に作業ができる点は、一人でやっているからこそできることです。試してみて、ダメなら次の方法を考える、責任はすべて自分に返ってくるので、やりたいことに思い切り挑戦しています。

独立を考えている女性にアドバイスをするならば…

 何かを始めたいと思う気持ちの大きさにもよると思いますが、本当にやりたいと思うのであれば挑戦してみればいいのではないかと思います。行動に移さなければ何も始まりません。ただし、それなりの覚悟は必要だと思います。思い描いているようには物事は進まない、壁にぶつかることは絶対にあると思った方がいいと思います。独立をするということはすべての責任は自分に返ってくる、この現実を受け止められるかどうかは重要です。
 便利な世の中になり、ネットには情報が溢れています。私もネットでたくさんのことを調べましたが、何が正しいのか、情報を取捨選択する力が必要になります。
 現在、起業セミナーなど、一歩を踏み出そうとしている人のための勉強会も開かれています。そのような場に積極的に参加することも方法の1つかと思います。パソコンの画面とにらめっこしているよりも、自分の足でいろいろな現場や人に会って情報を得る、知識を深める方が前に進んでいく気がします。私も自分の足であちこちに出向くことが多かったです。
 人それぞれ、始めるタイミングがあると思います。チャンスが来たなと思ったらチャレンジしてみてください。

これからの目標を教えてください

 独立をするまで、様々な飲食店で働いてきました。飲食業界は夜も遅くまで働き、労働環境はあまりよくないと思われがちです。お客様においしい物を提供するためには、そこで働く人(雇用側と雇用される側)が互いに気持ち良く働けるような場所にしなければ、いい物は提供できないと思います。「飲食業だから働き方の融通はきかない」、「大変でも仕方がない」というマイナスの考え方を少しでも変えられたらという思いがあります。私が自分のお店を持ったからには、何かしらの形で証明できたらいいなと思っています。
 今はまだ、常時スタッフを雇用して経営するところまではいっていませんが、今後は小さい子供がいるお母さんや子育てがひと段落した方に対する働き方など、自分が理想だと思える働き方を考えて、経営をしていけたらと思います。

【Off Time】 人と会ってリラックス

気分転換の方法を教えてください

 1つ目は休みの日に友人と食事に出掛けることです。食事を通して、パンを作る時の具材の組み合わせなどのヒントを得ることもあります。何より、美味しい物を食べると元気がでます。
 2つ目は昨年から参加し始めたマルシェへの出店です。他の出店者の方と情報交換ができたり、新しいお客様に「ブーランジェリーホミ」のパンを食べてもらえる貴重な機会です。気に入ってもらえて、お店に足を運んでもらえるようになればうれしいです。

日頃大切にしていることはありますか

 「人とのつながり」です。お店をオープンする際も本当にたくさんの人に知恵を借り、助けてもらいました。最近、中学の同級生が様々な業種で独立してしている人が多いことを知りました。当時は話したことがなかった人も同じ“独立”をして何かをはじめたという共通点から再会をすることがあります。業種は違えど新たなつながりができました。いろいろな情報交換もしています。いつどこで新たな出会いが生まれ、続いていくかわかりません。その時の「縁」を大切にしていきたいと思います。

プロフィール

小林 穂見(こばやし ほみ)

静岡市清水区出身
高校卒業後は様々な飲食店で働き、ホールスタッフとして接客と、
調理場の両方を経験。
いつか自分のお店を持てたらという願いを叶え、4年前に
パン屋「ブーランジェリーホミ」をオープンさせた。
お店の人気商品は「食パン」
焼き上がりを楽しみに来店するお客様も多いという。


「Boulangerie Homi(ブーランジェリーホミ)」 
 〒422-8041
 静岡市駿河区中田2丁目8-23
 tel & fax 054-287-3866
 
           (取材日 H29.3.14)