グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > しずしんギャラリー ゆめ空間  > 過去の展示会一覧  > 齋藤リラ 大作展 『我常常在院子里』 ~わたしはいつもにわにいる~

しずしんギャラリー ゆめ空間

齋藤リラ 大作展
『我常常在院子里』
~わたしはいつもにわにいる~

画家の齋藤リラさんに、企画展開催にあたりお話をうかがいました。


挨拶文

11年ぶりに「ゆめ空間」で開催させていただき
ます。One decade(10年間)の変化を見ていた
だけると思います。

制作活動への思い

過ぎ去ってしまった「朱夏」へのノスタルジーを描いているのかもしれません、「白秋」に身を置く自分としては。
「わが挽歌たれ凌霄(のうぜん)の花の揺れ」
(俳人)文挟夫佐恵作

絵画の魅力は何ですか?

たった数cmの厚みの平面のキャンバス空間に、自分の存在が入り込んでいけること。視力も落ちていますが、もう少し描くことに拘りたい。
SNSで、世界中の上手い作品、心地よい抽象作品に出会い、インスパイアされています。

その他(趣味等、芸術活動以外に取り組んでいることなど)

60才から中国語勉強(全く進歩しませんが)。
中国、韓国の歴史、文化の勉強。
遠距離乳母業を楽しむこと。
プロフィール

齋藤リラ(さいとう りら)

富士市生まれ
武蔵野美大造形学部卒
公募展、グループ展、教室展、個展多数
海外、国際公募「フランス美術賞展」出品
         (コルシカ島、バスチア市)

絵画教室25年間主宰
私立幼稚園内絵画教室講師19年間(終了)
◇ユネスコ美術教育連盟優秀団体賞3回
◆全国小中高美術展グループ奨励賞1回
◇世界児童画展指導者賞4回
◆県読書感想画コンクール2年連続学校賞(市内第2小)
◇JA交通安全ポスターコンクール学校賞(多数校)

〈現在〉
日本美術家連盟会員
公募美術団体三軌会評議員
静岡県女流美術協会理事
Gakunan Artメンバー