グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > しずしんギャラリー ゆめ空間  > 過去の展示会一覧  > 矢澤利子展 「夢とあそぶ」

しずしんギャラリー ゆめ空間

矢澤利子展 「夢とあそぶ」

画家の矢澤利子さんに、企画展開催にあたりお話をうかがいました。


制作活動への思い

 気持ち・想い・感情・空気感などを、形・色彩・質感・透明感・深みなどに置き換えて構想を練り、その時の自分の心を描くことに集中しています。このときが一番苦労していますが、おもしろいときでもあります。
 自分の思いを表現するのはなかなか難しいことですが、これからも楽しんで描き続けていきたいと思っています。

アクリル画の魅力は何ですか?

 十年ほど前までは油彩でしたが、今はアクリルで描いています。
 私の絵は心象画なので、色彩に透明感が欲しかったことと、自分の描きたいテンポに合わせることが出来るので、感情が素直に表現できるアクリルに魅力を感じています。
 描いているときの楽しさを感じていただけたら幸せです。

その他(趣味等、芸術活動以外に取り組んでいることなど)

 描いているときは静の状態なので、動の時間を作ろうとハイキングに旅行に、また小さな裏庭で野菜を作ったりしています。
 料理は気分転換になるので、毎日楽しく作っています。ジャムは、イチゴ・ラフランス・ルバーブ・柿・きんかん等、10種類ほど作って専用冷凍庫に貯めおき、朝食のバリエーションを楽しんでいます。
画歴
矢澤利子 (やざわとしこ)

2000年 第52回三軌展 佳作
2000年 第39回静岡県芸術祭 準奨励賞
2001年 第11回静岡県女流美術協会展 女流美術協会賞
2003年 第55回三軌展 奨励賞
2003年 第13回静岡県女流美術協会展 教育委員会教育長賞
2005年 個展(藤枝市アートカゲヤマ)
2006年 第58回三軌展 奨励賞
2006年 第45回静岡県芸術祭 準奨励賞
2007年 第46回静岡県芸術祭 奨励賞
2007年 三軌会会員
2009年 第61回三軌展 奨励賞
2009年 個展(フェルケール博物館 ギャラリーコーナー)
2012年 第64回三軌展 文部科学大臣賞
2013年 第65回三軌展 損保ジャパン美術財団奨励賞
2013年 個展(しずおか信用金庫本店しずしんギャラリー)

現 在   三軌会会員・日本美術家連盟会員

島田市在住