グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ふるさとトピックス

Step By Step vol.40

一致団結した家族経営

『あっと驚くお肉屋さんを目指して』


 “美味しいお肉を食べて、心も体も元気になれるようなお店”を目指して、家族経営の精肉店「Nicraic(二クラック)」をオープンさせた栗田さん。40年精肉業界で勤めたお父様が絶対の自信を持って仕入れる精肉を、栗田さんやお母様、お姉様が調理をし、お店に並べる。
 すべてが一からのスタートで、試行錯誤の毎日だが、“まずはやってみよう”という気持ちで、日々笑顔でお店に立つ栗田さんにお話を伺いました。

【On Time】あっと驚くお肉屋さんを目指して

家族経営の精肉店を始めたきっかけは何ですか

 私の父は、親族が経営していた精肉店で40年近く勤め、「お客様を笑顔にできる本当に美味しいお肉を提供したい」という夢がありました。しかし父の兄が病気になり、やむを得ず精肉店を廃業することになりました。父のお肉に懸ける熱い想いを知っていた姉と私は、「新しくお店を始めないか」と提案したところから始まりました。この提案が親孝行になるかどうかはわかりませんでしたが、父に提案した時は、姉も私も迷いはなく、家族みんなで新たなスタートを切ろうとすでに気持ちは前に向かっていました。

創業するにあたり何から始めましたか

 新たなスタートを切ろうと言ったものの、創業についての知識は誰も持ち合わせていなかったため、インターネットや本で勉強したり、外部セミナーに積極的に参加しました。
 販売方法や接客など、自分たちの目で見て良いと感じた点は取り入れるように、静岡市内の精肉店にはすべて足を運び、また、関東や関西の精肉店にも視察に行きました。
 創業に向けて準備を始めた時に、しずおか信用金庫の「創業スクール」を知りました。私たちと同じようにこれから夢に向かって新たな挑戦をしていく方々に出会い、刺激を受けると同時に、開業にあたり事業計画の計数面や経営のノウハウなどを学びました。父と姉が外部セミナーに参加し、姉は東京の精肉店に修行にも行きました。私はこの時期、妊娠していたため、家でできる作業をしました。店舗設計のため業者との打ち合わせは私が担当し、販売についてのマネジメントの勉強もしました。

オープンに至るまでの期間は

 オープンまでの準備期間は約2年でした。2017年4月29日にオープンをし、半年が経ちました。オープン日を「4月29日=よい肉の日」にすることにこだわっていたので、この日に合わせてすべて調整しながら準備を進めました。毎週家族ミーティングを開き、自分が進めているところの進捗を報告し合い、常に全員が現状を把握できるようにしていました。

どのようなお店を目指して始めましたか

 コンセプトは「お客様の食卓を楽しく、心も体も元気になれるようにお役立てできるお店」、「生産者の顔が見える販売」です。店内には仕入れた牛の生産者を紹介するなど、安心、安全に召し上がってもらえるように表示をしています。
 こんなお店でありたいという理想はたくさんあります。「お客様を飽きさせることなく、いつ来てもワクワクしてもらえるお店であること」、「地域の方々に愛されるお店になること」など、挙げれば切りがありません。
 40年精肉業に関わってきた父が、肉質、脂質を目利きし、牛の育ってきた環境も含め、本当に納得したものだけを仕入れています。父が自信を持って仕入れたお肉を、美味しくお客様に召し上がっていただけるように、精肉はもちろんのこと、店頭に並ぶお肉を使ったお惣菜やお弁当も揃えています。母と姉、私で調理を担当しています。新メニューの考案も常に行い、試行錯誤しながら自信を持って美味しいと思えるものを提供しています。

他の精肉店との違いを挙げるとしたら

 従来の精肉店のイメージを変えたいという思いが強くあったので、店構えはフランスの小路に入ったら現れるようなオシャレな店舗にしました。そのため、「ケーキ屋さんだと思った!」と言って来店されるお客様もいます。このようなデザインにしたのにも理由があります。平均して精肉店の客層は50~60代で、若い世代からは精肉店でお肉を買うことは敷居が高いと思われがちで、精肉店離れを感じていました。そのため30代の子育て世代、働く女性に足を運んでもらいやすいような、オシャレな外観、白を基調とした明るい店内にしました。
 また、日々忙しく過ごす女性の“食卓のお手伝い”ができればと考え、家に帰ってすぐに食べられるお惣菜やお弁当を揃え、なるべく添加物を使わず、栄養のバランスも考えてサラダやオードブルなども手作りで用意しています。
 また、お肉のテイスティングも行っており、実際に味わっていただき、料理をする上で参考にしてもらえるようにしています。お客様がどのような料理にお肉を使いたいのか、作る料理に応じて最適なお肉をお薦めするなど、お客様と会話を大切にして、「販売」で終わらないお店を心掛けています。

お客様から好評を得ているサービス等はありますか

 店頭に日替わりで常時2種類のお弁当を置いていますが、それ以外にもオードブルなどの注文を承り、できる限りお客様のご要望にお応えできるように作っています。お子様が食べるという場合には、普段よりも唐揚げの大きさを小さくし、味を薄めにするなど配慮しています。
 仕事帰りに揚げ物類を買って帰られるお客様には、前もって電話で来店される時間を知らせてもらえれば、その時間に合わせて揚げたてを用意します。私たちにとっても美味しい状態でお渡しができ、お客様にとっても家に帰ってあつあつを食べられるという点で、非常に喜ばれています。

家族経営の強みは何ですか

 家族と一緒に働けるという安心感があります。仕事も担当を決めているわけではないので、全員が調理をし、接客・販売もします。万が一、何かがあった時には、すぐにフォローし合える態勢なので、小さな子供がいる私も心強いです。
 また、意見を言いやすい環境にあるため、ぶつかることもありますが、家族全員が同じ「志」でいるので、団結力はあります。一人で悩むことはなく、何かあればいつでもどこでも、話し合いを持てるので問題点を抱えたままにすることなく、すぐに対応できる点も強みだと思っています。

仕事と家庭の両立について教えてください

 私には1歳と4歳になる子供がいます。お店がオープンしてからは定休日の月曜日以外は土日も仕事なので、子供と一緒にいれる時間が少なくなりました。開店直後は子供と一緒に過ごすことができない申し訳なさから一人で泣くこともありましたが、開店から1か月が経った頃、“お客様のためにはもちろんだけど、親と子供たちのために頑張っている”と気持ちが吹っ切れた瞬間がありました。それからは“絶対に強くなろう”、と気持ち新たに、常に笑顔でいることを意識するようになりました。
 夫の協力も大きく、日曜日は子供の面倒を見てもらっています。家族の配慮もあり、月に1回、日曜日に休みをもらっているので、その時は思いっきり家族との時間を楽しみます。共働きの現在は、夫と協力をして仕事と家庭の両立をしています。

新たに始めたこと、これからやっていきたいことなどはありますか

 最近、お惣菜やお弁当を揃えてイベントに出店しました。暑い時期は手羽先などのおつまみのようなさっぱりしたもの、寒くなるこれからの時期はおでんやシチューなどの煮込み料理が喜ばれるかなと思っています。
 他にも、ビルの屋上に用意したテラスで、お肉の部位やその特徴、焼き方を解説しながら楽しむBBQイベントのオファーをいただいたり、3月に行われる静岡マラソンのHP上で“お肉と野菜のある生活”と題して、マラソン大会に出場する人向けに、身体を鍛えるために役立つ情報提供(ブログ)をすることになりました。
 すべてが初めてのことなので、まずやってみて失敗したら改善策を考えようという気持ちで前向きに楽しんで挑戦しています。

栗田さん自身の今後の目標を教えてください

 たくさんの方に「二クラック」を知ってもらえるように、従来の精肉店のイメージを変えていけるような新しい挑戦をどんどんしていきたいです。オープン後は、HPを開設し、SNSで情報発信をしてきましたが、何より、お客様の口コミで多くのお客様に来店してもらっていると感じています。地域の方に愛され、二クラックができてよかった!と思ってもらえるように、常にお客様が求めているものが何かを追求し続けるお店にしていきたいです。
 二クラックでは仕入れた牛が育ってきた環境からお肉の状態までを表示し、お客様に安心して食してもらえるようにしています。人間の体は食べたものでできています。子供たちに普段食べているお肉がどのような過程を経て口に入るものになっているのか、生き物の命の大切さを含め、「食育」にも携わっていけたらいいなと考えています。

【Off Time】家族で過ごす貴重な時間

気分転換の方法を教えてください

 子供と過ごせる時間を思いきり楽しんでいます。疲れていても、嫌なことがあってもすべて忘れることができます。子供の笑顔を見て、パワーをもらっています。
 友人と過ごす時間も大切にしています。私の悩みに対してアドバイスをしてくれる友人もたくさんいるので心強いです。そんな友人と美味しいものを食べに行くことも楽しみの1つです。外で食べることで、食材の使い方、好まれる味付け、流行りのメニュー、などを知ることができるので、常にアンテナを張るようにしています。

プロフィール

栗田 晴恵(くりた はるえ)
静岡市出身

元々、何かを作ることが好きで、これまでカフェやアパレル業界等で働いてきた栗田さん。
店舗の設計にはすべて携わり、こだわり抜いた外観、内装のお店を完成させた。
お店のロゴは栗田さんがお父様を想ってデザインした自信作!

424-0887
静岡市清水区谷田8-1 1F
TEL/ 054-348-4129
営業時間/ 10:00~19:00
定休日/ 月曜日、第3日曜日